SMAP解散騒動

今回のSMAP解散騒動、一連の流れを見させて頂きましたが、その感想。何だかすごくドロドロっとしたいや〜な物を見てしまったような印象です。でも、今回騒動が特別大きかっただけで、この手の話は別にどこの組織の中でもよくある話なのかも知れません。

ただ、昔と比べてホントに隠し事やウソが通らなくなっているんだろうなとも感じます。というのも、日本のエンターテイメントの中核をなす一流の会社達が、ここまで世論をコントロール出来ず、こんなに視聴者に噂レベルではない大々的な闇を見せることは今まで絶対に無かったと思うからです。

今回の一連の騒動、もし仮に首謀者が居たとしても正直誰も得していないのではと思ってしまいます。それくらいの「見せてはいけない」場所だったのではないでしょうか?

また、一連の報道に関わるマスコミ各社の見解がこれほど内向きだとは思いませんでした。例えて言うなら、タレント業界株式会社という一つの会社組織の各社事業部(事務所、報道)の社内報を全国規模で見せあってるようなイメージと言ったら近いでしょうか。少なくとも、他のセカイとは少し違うような印象です。

どちらにしろ僕とは関係のないセカイの話なので別にどうであっても良いのですが、僕としてはこれをキッカケにメンバーには今までと違う交流や活動を沢山作ってくれると嬉しいなと思ってます(^^)。

一つ言える事。今回の件、事務所側は短期的に見たら勝ちですが、恐らく中長期的に見たら負けかなと思います。場合によっては瓦解するレベルでしょうね。。自らが社会に植え付けた不信感は、今表面に出なくても遅効性の毒のように徐々に廻っていくと思います。


コメントは受け付けていません。